有限会社あさひ薬局|漢方薬の処方|近隣薬局の処方箋取扱い|岩手県八幡平市

漢方相談フリーダイヤル 0120-20-4077

症例集

思春期のにきびと日光皮膚炎。

相談内容

18才女性。顔のみニキビ、皮膚科にて4歳ごろの幼少期に「アトピー性皮膚炎」の診断。数年後改善。現在部活動にて「日焼け」の機会あり、にきびが顔全体にひどく、また、顔面発赤となる。 生理前に酷くなり、部活動のストレスがあると過食がすすみ酷くなる。扁桃腺がはれやすい。耳の中のかゆみ、手足の冷え、月経痛あり。まずは七日間服用。 7日後来店。服用後排便スムーズ。夜間のかゆみ改善。 その後継続して特に月経周期ごとに漢方薬を微妙に変化させ、その周期に応じて服用頂く。

結果

就職活動にてファンデーションが塗れるようになった。ニキビのぼこぼこ感改善。 日光に気を付けるようにUⅴケアは欠かさない。 生理前の過食はあるが、ある一定の時間にて我慢できるようになった。


あさひ薬局からひと言

思春期のホルモンの過剰な部分が災いとなったほか、飲食の過食の部分は「下宿暮らし」にてどうしても避けられない「皮膚の悪影響」であったと思う。約一年半を費やしたが、就職に間に合って幸いだった。 皮膚は内臓の鏡という言葉を思い出させる貴重な症例であった。

もっと詳しくみる

月経前の動悸、頭痛、吐き気、食欲不振

相談内容

38歳女性。2か月前に酷い動悸、その際に頭痛、吐き気、食欲不振、意欲低下に見舞われる。その際に内科を受診、普段よりは血圧が上昇していたが、正常範囲内。DRより漢方薬を処方2週間処方される。あまり、症状が緩和されなければ、「心療内科」の受診も薦められる。 なにか?良い症状はないか?ちなみに、今年の冬の気温が例年になく寒く、そのことも同期の原因のひとつでは?とご本人。 ここ半年程、体重減少、3kg程度、月経量減少。とのこと。 血の気の不足の症状が見られたので、その漢方と少々ストレスもあり、また、下腹部の冷えもあったので、その漢方をお試しいただき、7日後にいらしていただくことに。 その際に、基礎体温を測り、月経周期を数えて来てほしい、とおねがいする。

結果

7日後来店。下腹部の冷え、動悸は治まったとのこと。 月経周期のことを尋ねると、ご本人も以前に月経前にこの症状があったことを思いまだしていた。 今後も継続してゆくとのこと。


あさひ薬局からひと言

月経が極めて安定していた方が、普段と違う症状に見舞われた際、相当なストレスと不安に陥ることはよくあることで、このよ様な症状は普通に循環器系と勘違いしやすいが、たまたま、受診して異常がなかったことが、この部分の症状にたどり着いた。 今年の東北の冬は通常よりも10℃以上低いので、血の気の不足の症状になりやすい女性は多々いらっしぃます。。

もっと詳しくみる

潜在性プロラクチン血漿の方の子宝そうだん。

相談内容

32歳女性。潜在性プロラクチン血漿による子宝そうだん。左側卵巣嚢腫手術歴あり、その後、月経周期28日安定。だが、高温期への移行が少々ジグザグ波形。婦人科に抗プロラクチン薬処方され、排卵は見られるようになったが、内膜が薄く月経量が少ない。月経痛あり、塊あり、疲れやすいとのことで、漢方薬をお試しいただく。

結果

半年かかったが、体調が整い、妊娠し、女子を出産。


あさひ薬局からひと言

婦人科の治療方針をよく理解し漢方薬を上手く併せた結果ですね。

もっと詳しくみる

長年の膝関節痛。

相談内容

78歳女性。肥満気味。DRより、体重が膝に負担をかけていると診断され、変形性膝関節症と言われて、10年経過するとのこと。仕事柄農作業をするので、夏場は今よりも3kg~5kgは痩せるとのこと。手術の適応範囲ではないが、膝関節に関節腔内注射を週1回程度施術。 温めると楽。正座ができない。特に今年は、寒いので、身体が温まるまでの時間が長いので、歩くのが非常に大変。歩き始めると問題ないとのこと。 7日間漢方薬をお試しいただく。

結果

痛みが和らぎ、歩くのが楽。下半身の痛みが楽とのこと。


あさひ薬局からひと言

厳冬の今年は、動く行動範囲が狭まるので、運動不足になるし、そのために血行不良にもなりやすいので入浴や、暖かい部屋での体操も少し取り入れていただいた。

もっと詳しくみる

妊娠後3か月目のつわり

相談内容

妊娠後、三か月目のつわりのご相談。食事前に空腹時に気持ちがわるくなるとのこと。 で、なにか方法がないか?ご相談。

結果

胃腸の水分代謝を良くする漢方と補気をメインとする漢方を服用、3日目にはある程度改善。。


あさひ薬局からひと言

妊娠前は3食、一定量を食べることができたと思いますが、量を調整しながら、少量ずつ6回に分けて食べることをお勧めもした。

もっと詳しくみる

耳鳴りのご相談

相談内容

現在67歳女性、当薬局にて、関節痛、リウマチの漢方薬服用中、その症状や数値は改善傾向、元々、不整脈の治療もしている、農作業の仕事にて疲労したためか?夜間に血圧上昇、その後、受診して回転性の眩暈発症、検査の実施、異常なし、DR、要経過観察、その後、2日経過耳鳴り、聴力低下、耳鼻咽喉科にて受診検査、突発性難聴と診断、老化も絡んでいるとのこと。 で、耳鳴りのご相談。

結果

夕方のみ「柴胡」「磁石」の配合となった漢方薬を現在服用中の、補腎、活血、去風、強骨の漢方と併用して1週間」服用。 全く気にならなくなった。 その後も継続。


あさひ薬局からひと言

老化した臓腑の「取り換え」はできないので、漢方や食事、生活様式で補っていくことが大事とアドバイスする。

もっと詳しくみる

更年期ののぼせ、火照り。

相談内容

45歳女性、。昼夜問わず、のぼせ火照り、発汗が多い。体重の変化はここ5~6年変化なし。中肉。まずは、婦人科を受診いただいた。その後、再来店、ホルモン値年齢相応、しかしながら、この数値では?ここまでの症状が出るかな?とDRに首を傾げられる?要経過観察。 で?再度、相談の中で、職場の人間関係の変化や部署の変化もあるのかな?とのこと。 滋陰降火、肝腎益精、疏肝、あと、睡眠の前、二時間前に服用の漢方を七日間服用頂く。

結果

のぼせ、火照り、睡眠改善。 もう、飲まなくてもいいですか?と聞かれ? どうぞとお話しする。


あさひ薬局からひと言

同じ症状が今後起こった時は、継続して起こるようならまた服用をとお話しする。 ただし、次回は「加齢」していることを覚えて年齢に「謙虚」にして。無理なくお過ごしくださいとお話しする

もっと詳しくみる

めまいの相談

相談内容

82歳女性。眩暈の相談。血圧薬服用。MRI検査異常なし。稀に、耳鳴り。天候が急に変わると眩暈の症状発症。 漢方薬7日間服用頂く。

結果

年齢による「ふらつき」はあるが、眩暈は改善。 現在、症状が起こったときに集中して服用している。


あさひ薬局からひと言

天候悪化時や気圧変動の激しいときは、なるべく「冷やさない」ようにと、外出は控えるように、また、年齢による五官の老化にも謙虚になっていただくようお話しする。

もっと詳しくみる

腰痛の持病もちで、急に痛くなった症例

相談内容

60歳女性。接客業、持病に五十肩(右)腰痛、ひざ痛をお持ちの方で、2~3日前から左背部から、左臀部にかけてと膝の鈍痛、重痛、痛み当日排便不調、当日便秘。昨日まで、35℃越えの気温から25℃雨天の天候へ急激に低下、身体の冷えもあり。 その場で、風湿活血、風湿除筋の漢方と、腹圧を治める叙肝解鬱の漢方薬を服用。 その後、7日間服用。

結果

その日の2時間後くらいに「ガス」が相当量出て、排便があり、腹圧が取れたら、かなり楽になったとのこと。 天候が暑くなったら更によくなったとのこと。 また、仕事のストレスでイライラしてお腹が張るような症状も緩和されたとのこと。


あさひ薬局からひと言

急な温度変化もストレスになり、更には、便秘での腹圧の張りも重なり、筋肉の張りが耐えきれなくなったのでしょうから、一度整形外科受診もお勧めいたしました。

もっと詳しくみる

62歳女性、中性脂肪高値、大腸にポリープの相談。

相談内容

62歳女性、中性脂肪高値、コレステロール値は若干境界線を越えた程度。大腸にポリープ組織検査良性、要経過観察。 次回、検診時にポリープ肥大時には摘出を検討してくださいとのこと。 漢方で何とかならないか?とのとで、活血化於を中心とした漢方生薬と食事を3か月間服用実施。

結果

検診時、ポリープ見当たらず。DRより「なにか?やったのですか?」と尋ねられたとのこと。検査数値正常範囲。 お喜びいただきました。 現在は朝一包のみ服用頂き、継続を希望とのこと。


あさひ薬局からひと言

まさか?という感じですが、ご自身も3kg減と努力相当なさったことが、うまくいった真の部分ではないでしょうか?

もっと詳しくみる
<< 1 2 >> 2ページ中1ページ目